音楽家と心因性の病気

ギタリスト、ピアニスト、シンガー、ドラマーなど、音楽家を突然襲う心因性の病気について解説します。

KANAーBOON飯田祐馬さんと精神的な病気

f:id:ritsukok07:20190622131643j:plain

KANAーBOONの飯田祐馬さんと精神的な病気

KANAーBOON飯田祐馬さんと精神的な病気

 

KANAーBOONのベーシスト、飯田祐馬さんの音楽活動の一時休止が、公式サイトで2019年6月19日に発表されました。

 

飯田さんは6月5日に行方不明となり、ご家族から捜索願が警察署に提出されていました。

 

6月15日のKANAーBOONのライブは中止となり、世間が心配する中、6月15日の深夜に無事帰宅されました。

 

KANAーBOONの公式サイトによると、飯田さんの失踪理由は「個人的な不安やプレッシャー」が原因だそうです。

 

音信不通になった理由として、音楽活動の中での、個人的な不安やプレッシャーが原因であったと確認することができました。

 

kanaboon.jp

 公式サイトでは「精神的な病気」とされています。

 

ハッキリとした病名は記載されていませんが、うつ病の可能性が考えられます。

*個人的感想です。

 

うつ病ー「心の風邪

 

うつ病は「心の風邪」と称されることもあります。

 

うつ病の症状には、以下があります。

 

 うつ病の基本的な症状は、強い抑うつ気分、興味や喜びの喪失、食欲の障害、睡眠の障害、精神運動の障害(制止または焦燥)、疲れやすさ、気力の減退、強い罪責感、思考力や集中力の低下、死への思いであり、他に、身体の不定愁訴を訴える人も多く、被害妄想などの精神病症状が認められることもある。

 

出典:「うつ病を知る」厚生労働省「うつ対策推進方策マニュアル」

 

厚生労働省が実施している調査によると、2008年の時点ではうつ病患者数は104万人もいるそうです。

 

うつ病の原因としては、セロトニンノルアドレナリンなどの神経伝達物質の働きが悪くなっていることが考えられます。

 

皆さんの周りでも、一人や二人、身近な方でうつ病になった方がいらっしゃるのではありませんか?

 

うつ病は珍しい病気ではないものの、やはりしっかりと休養されることが大事です。

 

私は仕事柄、音楽家の方をカウンセリングしています。

 

最初、この仕事を始める前は「音楽家は『自分大好き人間』が多いから、仕事の需要なんて、あるかな?」と疑問に思っていました(^^;)。

 

ところが、仕事を始めたら、その心配は杞憂に終わりました。

 

一見すると「自分大好き人間」の音楽家であっても、人間ですから悩みはつきものです。

 

特に、飯田さんのように全国的にも名前を知られたミュージシャンともなれば、責任感やプレッシャーは人一倍かかってきます。

 

KANAーBOON飯田さんの失踪理由

 

今回の飯田さんの失踪理由として、ヴォーカル兼ギターの谷口鮪さんのツイッターでは、

 

 となっていました。

 

ミュージシャンとしての活動の幅が広がれば広がるほど、決めなければいけないことや話し合わなければいけないこと、責任を負わなければいけないことがたくさん出てきます。

 

こういうことは、メジャーになっていく過程では仕方の無いことです。

 

しかし、一流ミュージシャンが全員、メンバー間での話し合いがプレッシャーになって、それで精神的に大きな負担を抱えてしまうということはありません。

 

みんな、忙しい合間を縫って、メンバーとお仕事の話し合いをするものです。

 

うつ病の原因ー自分で自分を追い込んでしまう

 

以前、うつ病を発症された方をカウンセリングしたことがあります。

 

その方は、お仕事で上手くいかないことがあり、そのことがキッカケでうつ病を発症されてしまったそうです。

 

その方は、お仕事に対して人一倍責任感が強く、「いつも優秀な成績を上げなければいけない」という強い思い込みがありました。

 

仕事が上手くいっているうちはいいのですが、ときに仕事で思うような成績を上げられないこともあります。

 

しかし、責任感が強いその人は、仕事の不調がショックでうつ病になってしまいました。

 

飯田さんを直接カウンセリングした訳ではありませんが、もしかしたら飯田さん特有の「強い思い込み」があって、そのせいで精神的に強い負担になってしまったのかもしれません。

 

「ちゃらんぽらんになれ」とは言いませんが、「○○でなければいけない」という強い思い込みがあると、「○○」を達成できなかったときは、強い精神的ショックを受けます。

 

しかし、「○○でなければいけない」という思い込みが一切無い人は、精神的ショックを受けることもありません。

 

 

飯田さんの「精神的な病気」がまだ正式に発表されていないので断定はできませんが、もし飯田さんが「○○でなければいけない」という強い思い込みがあれば、その思い込みを外してしまうことをお勧めします。

 

そうすれば、精神的負担がかかることもなく、毎日を快適に生きられることでしょう。

 

心の風邪」を治すためには、しっかりと休養することが大事です。

 

ファンの皆さんも、きっと「焦らないで、ゆっくり療養して欲しい」と思っているはずです。

 

後になって、「あのときの休養は、結果としてはプラスの体験だったな」と、ご本人もご家族もバンドメンバーも思えるようになるといいですね^^。

レディー・ガガと線維筋痛症

レディー・ガガと線維筋痛症

レディー・ガガ線維筋痛症

レディー・ガガ線維筋痛症

 

アメリカの女性歌手、レディー・ガガさんが線維筋痛症により2017年9月に活動休止を発表しました。

線維筋痛症とは、全身に激しい痛みが起こる症状です。

しかし、血液や尿検査、脳波、心電図、X線検査、CT、MRI画像などでは異常がみられないのです。

 

レディー・ガガさんの今回の告白によって、はじめてこの病気を耳にしたことも多いことでしょう。

厚生労働省の調査によると、線維筋痛症の患者数は全国で200万人もいらっしゃるそうです。

 

レディー・ガガさんと言えば、東日本大震災で来日公演をキャンセルする海外アーティストが続出する中、いちはやく日本に駆け付けてくれて、日本を勇気づけてくれた大の親日家としても知られています。

私も、そんなレディー・ガガさんの優しい人柄や、ノリのいい楽曲、力強い歌唱力と、全てが大好きです。

 

 線維筋痛症の発症メカニズム

 

線維筋痛症をネットで検索していたところ、フォーカル・ジストニアとの意外な共通点を発見しました。

それは、線維筋痛症の発症メカニズムです。

医者によって線維筋痛症の原因には様々な考え方があるようですが、私が見つけたある内科医の見解によると、

 

「発症には、非常に特異な2段階のステップがあると考えられています。

1ステップ目は、思春期に受けた虐待やトラブル、手術や事故などによる外傷、PTSD心的外傷後ストレス障害)です。

2ステップ目は、それから一定の時間経過後に、さらに外傷、手術、身内の不幸や離婚など、新たな外傷やストレスが加わることです。

それらがトリガーとなり、脳が外部刺激の処理をミスしてしまい、実際に受けた何倍もの刺激を感じて発症すると考えられています。」

 

 

線維筋痛症とフォーカル・ジストニアの共通点

 

 

この内科医の1と2ステップに関する主張は、私が唱える「フォーカル・ジストニアの発症メカニズム」と、まんま同じですよね。

agarishou.jp

 

また、最近のレディー・ガガさんのインタビューによると、

「私が線維筋痛症だと信じてくれない人たちには腹が立つわ。私も他の患者も、不安、うつ、PTSD(心的外傷後ストレス障害)、トラウマ、そしてパニック障害の嵐なのよ。こういった症状が神経系統を過剰に稼働させて、結果として神経痛を引き起こすの」

レディー・ガガは高校生の頃に、同級生からゴミ箱に投げ込まれるなどの酷いいじめに遭ったことや、まだアーティストとして駆け出しのころ、レイプ被害に遭ったことを告白しています。

 

これらの悲しい体験が、レディー・ガガの心を傷つけ、それが線維筋痛症発症の引き金になったように思われます。

 

であれば、カウンセリングとセラピーでレディー・ガガ線維筋痛症も治せるような気がします。

東日本大震災のとき、日本に対して示してくれたレディー・ガガの温かい思いやりを忘れない」日本人の一人として、レディー・ガガの苦しみを救ってあげたい、と思いました。

 

2019年は主演映画「アリ―/スター誕生」が高評価で絶好調のレディー・ガガでした。

その活躍ぶりがレディー・ガガの病状を和らげるようになるといいですね。

 

 

キンプリ岩橋玄樹さんとパニック障害

f:id:ritsukok07:20181028203302j:plain

アイドルグループ「キング&プリンス」のメンバー、岩橋玄樹さんがパニック障害を理由に一時活動休止を発表されました。

 

世間的認知度も高まって、いよいよ活動も盛り上がる時期に、一時休止となって、ファンはもちろんのこと、ご本人の岩橋さんも残念なことと思います。

 

パニック障害とは、突然襲われる強い不安や恐怖によって、過呼吸に襲われたり、激しい動悸やめまいなどに襲われる症状のことです。

 

アイドルとして活動する人は、「強メンタル」の持ち主揃い・・・というイメージがあります。

 

何しろ、魅力的でルックスが華やかな人達が集まる芸能界で頭角を現すのですから、普通の人にはアイドルは務まりません。

 

そんな中で、岩橋さんが自身のパニック障害を告白し、活動の一時休止に踏み切ったことは、とても勇気が要ることだと思います。

 

逆に考えれば、活動を一時休止せざるを得ないほど、症状が深刻なのかもしれません。

 

私も、カウンセラーとしてパニック障害に悩む人をカウンセリングしたことがあります。

 

私の考えでは、パニック障害を患ったということは、「セルフ・イメージが脆い」ということです。

 

セルフ・イメージが脆いと、ちょっとしたことで精神が不安定になります。

 

そして、そのことがキッカケでパニック障害を起こしてしまいます。

 

したがって、私が行うパニック障害の治療は、まずセルフ・イメージが脆くなってしまった原因を探ります。

 

そして、その原因を心理療法で癒します。

 

すると、ちょっとやそっとのことで動揺しなくなります。

 

精神が安定することで、パニック障害は治まります。

 

せっかく活動が順調になったところでの活動の一時休止は本人にとっても大変残念なことだと思います。

 

私は、病気になったことは「これまでの自分の在り方を見直しなさい」という人生からのメッセージだと思います。

 

岩橋さんもまだお若いのですから、これを機会にしっかりパニック障害を治療して、またファンの前に姿を現し、一段と活躍できるようになるといいですね。

 

 

wp.me

 

 

 

 

堂本剛さんと突発性難聴

f:id:ritsukok07:20170628203656j:plain

Kinki Kids堂本剛さんが突発性難聴になり、1週間の入院を余儀なくされたそうです。

 

これまでに浜崎あゆみさんやスガシカオさんが突発性難聴になったことを紹介してきました。

 

突発性難聴の原因はストレスや疲労、ウイルス感染や内耳の循環不全などが挙げられるそうです。

 

しかし、堂本剛さんの場合はストレスなのでは?と思います。

 

華やかな芸能界でご活躍されている姿を見ると、私たち一般人には想像もつかないような苦労やストレスがあると思います。

 

そして、知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでしまい、限界がきてしまったことで突発性難聴になってしまったのではないでしょうか?

 

こういうとき、ストレスについてよく知らない人は「適度にストレスを発散させて・・・」と言います。

 

その「ストレスを発散させる」の内容は、主に美味しいものを食べたり、スポーツで汗を流したり、ショッピングをしたり、旅行をしたりと言った「楽しいこと」だと思います。

 

しかし、実はこれらの行動は「ストレスを発散」するのではなく、「ストレスから気持ちをそらしている」だけなのです。

 

関連記事:「フォーカル・ジストニアの発症メカニズム」

wp.me

なので、根本的な治療にはなりません。

 

根本的な治療には「なぜ、ストレスを溜め込んでしまったのか?」を突き止める必要があります。

 

 

 

突発性難聴も、早めに治療をしないと聴力が失われるケースがあります。

 

堂本剛さんが、無事に復帰できるようになるといいですね。

 

 

 

 

森友嵐士さんと心因性発声障害

f:id:ritsukok07:20170527102108j:plain

元T‐BOLANの森友嵐士さんが、心因性発声障害により、「日常生活では声を出せるのに、歌声を出せない」という症状に14年も苦しんでいたそうです。

 

これは、「発声時頸部ジストニア」ですね。

 

心因性なので、現代医療では治す手立てがなく、14年もの長い歳月をかけて克服されたそうです。

 

この記事を読んだとき「14年も!?もしかしたら、たった1晩で治ったかもしれないのに・・・」と残念な思いがしました。

 

まぁ、森友嵐士さんが発声時頸部ジストニアを発症したとき、私はこの仕事をしていなかったので、仕方ありませんが。

 

たまたまかもしれませんが、発声時頸部ジストニアのクライアントさんがたった1回のセッションで完治されました。

 

関連記事:「Nさんの発声時頸部ジストニア治療記録」

wp.me

 

私自身も、声楽を習っていた頃「高音になると、突然声が出なくなる」という症状がたった1晩で治りました。

 

なので、私にとって「発声時頸部ジストニアは、治しやすい」という感触を持っています。

 

フォーカル・ジストニア、発声時頸部ジストニアも、原因はストレスです。

 

面談カウンセリングで、「なにか、原因となるようなストレスにお心当たりはありませんか?」とお尋ねすると、すぐにクライアントさんは「多分、〇〇のことが原因だと思います」と仰います。

 

あとは、そのストレスを心理療法で癒せばいいだけのことなので、治療の効果もすぐに表れるのです。

 

そもそも、「心因性発声障害」なら、治療も心理療法で行うのが当たり前のような気もしますが・・・。

 

発声障害の原因に、心当たりがあります」そんな方は、コチラでもっと深く勉強してみてくださいね。

www.agarishou.jp

浜崎あゆみさんと突発性難聴

f:id:ritsukok07:20170411185749j:plain

歌手の浜崎あゆみさんが、2000年6月に左耳に突発性難聴を発症しました。

 

それ以来、左耳は完全に聴力を失ったとか。

 

スガシカオさんが突発性難聴を発症したときのように、何らかの強いストレスがかかり、そのことが原因で発症したのでしょう。

 

agarishou.hatenadiary.jp

 

彼女のプロフィールによると、「2000年4月に初めてのコンサートツアー」があったそうです。

 

このコンサートツアーが、彼女に強いストレスを与えたのかもしれません。

 

彼女を直接カウンセリングしていないので、ハッキリとは言えませんが。

 

1999年の大みそかには、NHKの「紅白歌合戦」にも出場している彼女が、コンサートツアーで病気が発症するほどの強いストレスを受けるだろうか?と疑問に思う方もいるかもしれません。

 

スガシカオさんと突発性難聴」でも述べましたが、人にはそれぞれ「ストレスに耐えうる限界」というものがあります。

 

その限界が底なしのタフな人もいれば、「なんでこんなことで?」と思うようなことで病気が発症する方もいらっしゃいます。

 

私がカウンセリングをしてきた体験からの感想ですが、普段強がっている人ほど、ストレスに弱い傾向があるようです。

 

普段強がっている人は、本心では自分が弱い人間であることを知っています。

 

その弱さをカムフラージュするために、普段はあえて「強い自分」「自信満々な自分」を装っているようです。

 

姉妹サイト:「あがり症完全克服サイト」

wp.me

 

こういう人が自信をポキッと折られるような出来事があると、普段強がっている反動で、ガタガタに調子を崩してしまうようです。

 

浜崎あゆみさんも、「本当のあゆみ」さんは、意外にナイーブな女性なのかもしれません。

 

失われた聴力を回復することは現代の医療では望み薄のようですが、めまいや耳鳴りは心理療法で治せるので、気軽にカウンセリングを受けてもらいたいですね。

 

「めまいや耳鳴りに何十年も悩んでいます」そんな悩みをお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください。

www.agarishou.jp

 

スガシカオさんと突発性難聴

f:id:ritsukok07:20170409094845j:plain

2012年10月、シンガーソングライターのスガシカオさんが、右耳の突発性難聴に襲われたことを告白されました。

 

突発性難聴とは、その名のとおり、「突然聴力が奪われる病気」です。

 

「昨年10月に所属事務所から独立し、ちょうど1年となる今月26日付けのiTunes Storeランキングで見事1位を獲得したスガシカオ。耳に異常を感じるなど、発症したのは独立のための交渉や準備をしていたころ。耳鳴りが止まらなくなり医者に行ったところ右耳の突発性難聴と診断され、最悪の場合「右耳の聴力はある程度あきらめて下さい」とまで言われたという。

 「原因は、自分的には思い当たる」というスガシカオは、「この先一人になって、うまくいくかどうかわからないというものすごい不安と恐怖の壁、色んな重圧、世知辛い現実と人間関係、毎日心をグラグラさせるような出来事ばかりが続いた、そしてそれに連日、追い打ちをかけるようなアルバムプロモーションの激務・・・」など多くのストレス要因を抱えていたことを告白」

 

www.cinematoday.jp

 

このように、スガシカオさんは、自身の突発性難聴心因性であることを認めています。

 

スガシカオさんのように華々しいご活躍をされている方は、それだけ私たち庶民よりはメンタル強いだろう、と思ってしまいがちです。

 

でも、華々しい活躍をすればするほど、それだけ責任の重さも私たち庶民よりは重いものになります。

 

まして、スガシカオさんは独立の際のストレスがキッカケだったそうですから「一人で何もかも背負わなければいけないプレッシャー」に押しつぶされてしまったのです。

 

スガシカオさんを直接カウンセリングしてみないと何とも言えませんが、おそらく「ストレスダムの決壊」となるような、何か決定的な出来事があったのだろうと思います。

 

誰もが「ストレス耐性の限界」があります。

 

メンタルが弱い人は、ちょっとしたことですぐにヘタレます。

 

ところが、普段頑張っている人ほど「まだ頑張れる。これくらいで弱音を吐いちゃダメだ」と、張り切る傾向があります。

 

そして、「ストレス耐性の限界」が近づいていることに気が付こうとせず、自分を追い込みます。

 

やがて、突然「ストレス耐性のダム」が決壊し、スガシカオさんの突発性難聴のように、原因不明の病気に襲われるのです。

 

ミュージシャンにとって、「耳が聴こえなくなる」という事態は、まさに不幸のどん底に突き落とされたような状況でしょう。

 

ところが、実は脳は親切のつもりでやっているのです。

 

「これ以上頑張ると、心身が壊れちゃうよ。だから、お休みしましょうね」と、突発性難聴を起こさせているのです。

 

パソコンを使っていると、突然フリーズすることがあります。

 

そんな、にっちもさっちもいかないとき、「Ctrl」「Alt」「Delete」キーの同時押しで強制終了しますよね。

 

*あんまりやると、パソコン自体が壊れてしまいますが(^^;。

 

いわば、スガシカオさんの突発性難聴は、この「『Ctrl』『Alt』『Delete』キーの同時押しの強制終了」と同じなのです。

 

ただ、問題なのは原因となるような出来事が終わっても、そのとき受けたストレスが脳内に残り続けることです。

 

そのため、脳は「『Ctrl』『Alt』『Delete』キーの同時押しの強制終了」命令をずっと出し続けてしまうのです。

 

逆を考えれば、スガシカオさんの脳内に残ったままのストレスを心理療法で癒せば、すぐに突発性難聴は治ります。

 

関連記事:Nさんの発声時頸部ジストニア治療記録・1

wp.me

 

 

生きている以上、ストレスはつきものです。

 

でも、スガシカオさんが突発性難聴に襲われたということは、「これまでの、ストレスとの付き合い方を見直しましょうね」というメッセージでもあります。

 

そのメッセージの意味を正しくくみ取って、より良い音楽家人生を送ってもらいたいですね。